能力・体力の低下と時代の変化との関係性


ここのところ、

家事や事務的なことなど、

することをこなしていくような、能力が落ちているように感じるのですよ。


前はもっといろんなことが出来ていたような。


そして、


以前よりも、重たいものを持つのがいやになるなど

体力も微妙に落ちているような気がするのですけどね、


ひろみ

それは、加齢現象でしょ!っていってしまえば
はい、それまで。なのですけどね



いやいや、

これからわたしたちが見ていく世界に合わせて

もしかしたら、ちょっとずつ、少しずつ、


ひとも変化してきているのでは?と考えました。

  • 今までしていたことをしなくても済むようになってくる
  • いま、米俵五俵を持つ体力はいるのか。
  • ならば、わたしたちはなにをして生きていくのだろう

今までしていたことをしなくても済むようになってくる


戦後、洗濯機や冷蔵庫や炊飯器などが各家庭に広まって

そこに費やしていた時間に空きが出来たように

これから、

さらに家事や買い物などが楽になるしくみが出来てくるのは明らかですし


事務的なことも、どんどん人間がしなくてすむようになってくる。


なにかをこなす能力・体力が微妙におちてきても

少し長い目線で見れば、ですけどね

さほど困らないのでは考えてしまいました。。


いま、米俵五俵を持つ体力はいるのか。


以前に、ある健康食品の説明会に行ったときに

米俵を五俵かついでいる女性が写った、数十年前の写真を見せてくださり


「ほんの数十年前までは、こんなことが出来たのです
なんで今は出来なくなったかわかりますか?」

と、聞かれ、

ある食品の話になったけど



いまどき、そしてこれから、米俵五俵をかつぐほどの体力は

万人に必要なのだろうか?


必要がないから、からだも変化しているのでは。


からだを鍛えるということなどについても

認識が変わってくるかもしれませんね。


散歩をしたがらない犬が増えてきているとか

あまり外に出たがらないお子さんの話を聞くと

子どもや動物はあれこれ考えずに

自然な流れに乗っているのではないかなと感じます。

ならば、わたしたちはなにをして生きていくのだろう


そうはいっても、これからしばらくは

大きな変化の中の過渡期でもあるので


「こなす能力、落ちている場合じゃないよ!」

と、頭フル回転で生きていかなければならないこともいっぱい出てくるでしょうけど


方向的には

「したくないけどしなければならないこと」は

テクノロジーの進歩とともに

反比例するように減っていき、



人間にしかできないこと、

たとえば効率的でなくても、心から勉強したいことが増えたり



遊んだり、ふざけたり、

そして、

思いつきでなにかしたり


そんなことに時間を使うようになるのかも。


そっちの方向に行っているのではないかな、

なってほしいなぁと思うのです。



雪じゃないのですよ、菌糸が肥料にふたをするように張っています
こんなに寒いのに、なんてかわいい。

いろいろひずみはあれど便利になることが増えているのはたしか。
スマートフォンを、ほとんどのひとが持って
みんなが様々なところとつながることができるってすごいこと。
見る面を変えると、いい時代なのかもしれないと思えてもきます


今後の予定についてなど

キッチンボーケット石けんがお求めいただけるようになりました
オンラインショップ
違う種類の石けんも、少々ですが2月頃にご案内させていただく予定です

オピスエール~妖精の翼

汚れやにおい落としだけでなく
家全体の浄化にもぜひお役立てください

オピスエール~妖精の翼のご注文はオンラインショップへお願いします

オピスエール~妖精の翼の販売について

オピスエールの2リットル6本セットが加わりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA