だれでもできる簡単な染めもの(うさとの服の染めなおし)



大切な草木染めの服を、また気持ちよく着るために

染めなおしをしました。



3〜4年前に

うさとの服のファッションショーに

出させてもらったことがあったのですけどね、



そのときに、デザイナーのさとううさぶろうさんが

わたしの雰囲気と体型に合わせて作ってくださった服の



色がだいぶんあせていて

着ていても、「なんとかしたいなー」って


どこか落ちつかなかったんです。



ものはいつかはお役が終わるとはいえ

思い出のある服。







うさとで「巻きモモンガ」ともいわれる
すそまわりが独特のかたちのパンツ。

ひもがベルトのように巻けるようになっていて
上はシンプルな白Tシャツなんかもよく合って
意外と合わせやすいので
とてもよくはいています





以前にも別の草木染めのパンツを

染め直したときに



まったく経験がなくてもきれいに染めることができたので


今回も、古色の美さんの染料で染めました。

ひろみ

この、古色の美さんの染料は大きく分けて
藍染
泥染
の2種類。
いろんな組み合わせで
かなり多くの色が出せるのですよ

例えば「藍」と「茜色の泥染」を混ぜて
藤色っぽい紫にするとか。






復活!
生地の中に草木の色が入りこむので
生地に張りもでてきます
このあと、さらに黄味がかった色に変わってきています

ちなみにこの色は、#21てんちゃ



くわしい説明書きつきなので

むずかしいことはないのですが

気をつけたほうがよさそうな点は

  • 一緒に販売されている下染め液を使う
  • 時間に余裕のあるときにする
  • 色はかなりていねいに混ぜる(失敗経験あり)
  • 心配ならば混ぜずに、藍1色などの単色にすれば、まず大丈夫


手に色がつくのでゴム手袋をするのですが


それでも、藍などの植物のパワーが

手にもほわんと入ってくる。



そんな草木のおめぐみで染め上げた服は

着るとやはり心地がよいです。


今後の予定についてなど

ただいま「石けん便り」をお送りしています
       ↓

今後の予定について

オピスエール〜妖精の翼

汚れやにおい落としだけでなく
虫対策や家の空気の浄化にもぜひお役立てください

オピスエール~妖精の翼のご注文はオンラインショップへお願いします

オピスエール〜妖精の翼について

おとくな2リットル6本セットのご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA