気のおきどころと疲労の関係

ここのところ、

自分がどこに「気」をおいているかを

気をつけるようになりました。


なぜなら


気のおきどころによって

充実感や疲労感が大きく変わってくるから。


「気をとられる」って表現があるように

そんなときは、ことばどおり



ほんとうに「気をとられている」のだと思うのです。


そして


もしかして、

「気をとられる」ことが、

疲労の原因の

かなり多くを占めているのではないのかな。


  1. 「気をそそぐ」のは主体的。
  2. 「気をとられる」のは受動的・従属的。


いろんなことが考えられるのだけど

たとえば、

  1. は、自発的にしようとしてしていること
  2. は、義理や義務感「しなければならない」があること

    そして

    思考停止気味でしてしまうこと。



ほとんどのひと、多くのひとが(もちろんわたしも)

「しなければならないこと」を暮らしに織り込んで生きているので

ゼロにすることはまったく現実的ではないのだけど



気をそそぐか、とられるか、

一日の中では

自分で決められる時間もあるとおもうので



その「決めることができる時間」をどう使って

どこに気をそそぐかに敏感になることが



なるべくつかれずに

日々を過ごす方法のひとつなのかな。

たとえば、何気なくですよ、
スマートフォンを手にとって
インターネットの中に入っていくことは
ときに
軽い思考停止状態になっているような気がして
知らず知らずに消耗し、疲労感が増すこともあるのではないのかな。
なんとなくYou Tubeを延々と見続けちゃうとか。

You Tubeがわるいと言っているのではないですよ
わたしはよく楽しませてもらっています

気をどこかにあずけ過ぎるのが疲労の元だったりして・・
と感じたお話でした

オピスエール~妖精の翼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA