出せるものは出しておく



2月下旬の今は、まさに「木の芽どき」の始まり。

新芽が木々から吹き出す頃は

寒暖差も大きくて、

からだも、心も揺れやすいとき。



いい機会です。

思い切って「出して」しまいましょう!

  • ウェルカム「からだの不調」
  • 不安や怒りもデトックスのひとつ
  • ついでに・・持っているものも出したら

ウェルカム「からだの不調」


寒さでキュッとしまっていたからだがゆるむとき。

抑えられていた毒も出やすくなります。


発熱・腰痛などの痛み・湿疹・咳・なんとなくのだるさ・眠気・などなど。



「出す」のって、体力もないとできないこと。

出てきたら「毒が出ている・よっしゃ、ありがとう!」と、どんどん出してしまいましょう。


いやだいやだと気にするとかえってずるずる長引くような気がします。

溜め込み厳禁です。



わたしは今、左わきに近い背中の一部が荒れています
かくと家族に「広がるよ」と止められるのですが
こっそり、心ゆくまでかいています
からだから必要ないものが出ている気がするから。

「冷えとり」でも、かゆいときはかいて毒の出口を広げましょうという考えで
わたしはこの考え方にとても共感します

あと、ねむーいです。座るだけでうとうと・・


不安や怒りもデトックスのひとつ


不安や怒りもデトックスなのではないのかなと思うので

出せるところで適切に出すのは、ある程度必要なのでは。

ひろみ

ここのところ娘が外からプリプリしながら帰って来ることが多くて
「あぁ、出しているなぁ」と適当に聞き流しています


ついでに・・持っているものも出したら


ここからはデトックスの話ではなくて・・


有形無形の持ちものも

出せるものは、無理のない範囲で、ですけどね、


惜しまずに出した方がよいような気がしているので

いつもあたまやこころの片隅においています。


ここ7〜8年くらいのことを振り返ると

「出したら出しただけのことが起こっている」のです。



声かけひとつとっても「出して」います。

ひろみ

損得で動かない方が「道ができやすい」のかも。

こんなことを言っていること自体が損得を考えていることでもあるのですが
「究極の損得勘定」それでもいいと思っています
みんながそうした方が全体がよくなりそうだから




思えば排泄も「出す」ことで、理屈なしで気持ちのいいもの。
本来は出すことって気持ちのいいことなのでは。

夫のスリッパの裏がツルツルにはげていたことに気づきませんでした。
応急的に履いている女性用のスリッパがきつそうです

トップの画像は娘の友達が妹さんの未来を描いた絵で
あまりに素敵なのでお願いして、以前に掲載を快諾してくれたものなのですよ。


今後の予定についてなど

4月にカレンデュラの石けんクラスを開く予定です

オピスエール〜妖精の翼

汚れやにおい落としだけでなく
家全体の空気の浄化にもぜひお役立てください

オピスエール~妖精の翼のご注文はオンラインショップへお願いします

オピスエール~妖精の翼の販売について

オピスエールの2リットル6本セットが加わりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA