つながる足と心・足をきれいにし始めてからのその後




変化をうながすのに

形から入るということも


ひとつの方法かもしれません。





もう、10年近くも前に

足について

ある方から


興味深い話を聞かせてもらったのです。



足と心はつながっているんだよ

「足を洗う」っていうでしょう

それは「心を洗う」と同じ意味なんだよ

足にはすべてが出るから

足が柔らかくきれいなひとは心がきれいなの。


足裏にすべてが出ると知っているひとは

簡単には足裏を見せないんだよ。



  • 「足もとを見られる」の意味は、靴のよしあしだけでなくて

    足自体の意味合いもあるかもしれないし

  • 「足もとを見つめなおす」という言い方も

    振り返りだとか、

    まるで心のありようとつながっているよう

  • 「足りる」「充足」・・

    それと対になる

    「不足」・・

    なぜ「足」という文字が使われているのかも

    意味ありげです

  • そうそう、「足を洗う」という使い方もありますよね



「足」にはなにかありそう!

ならば


形から入って

足をきれいにしてみるのもいいかもしれないと


あらためて気をつけはじめたのが9ヶ月前。



足の爪をていねいに切ったり

かかとのカサカサがないか気をつけたり



足指まわしなどをしながら

お手入れしたこともあって





10〜20年前よりも


やわらかな足裏になってきています。




ここ9ヶ月で

なにか変わったかな〜と思い返してみると・・





実は「生きる」ということについて

相当の思いちがいをしていて



ほんとうのところは

生きるということは


とてもシンプルなことで



今、いま


思うこと・いうこと・することが

すべてなのかもしれないな〜と


考えるようになってきたことです。






ひろみ

まだ、腹に落とし込めていないので
抽象的な言い方しかできないのですが

わたしにとってはとても大きく、
価値観がひっくり返るような、ちょっとショックなことでもあります



あと、


最近夫が職を変えたのですけどね、



ここ半年くらい

思いもよらない偶然が重なって



奇跡的に、ずっとしたかった職業につけていることは



身近にいるわたしにとっても

とても大きくて


うれしい出来事でした。





これらのことは




わたしが足をきれいにすることと

関連が、あるかないかが



わからないところなのですが



足を、より意識的にきれいにするようになってから



わたしが見ているこの世界

ちょっとずつ変わってきているのはたしかなんです。







もちろん、


この世界は



足だけきれいにしていれば

OK!なんてことではないのでしょうけど。








足裏に気をよせることは

なにかを聞きながらでもできますし
とくにそろえるものもないので

おもしろがってでも
日常に入れてみるのも
いいかもしれません。

そうそう、オピスエールをお持ちでしたら
日々浴槽にちょっと入れるだけでも
少しずつ変わってくるようですよ。



今後の予定についてなど

キッチンボーケット石けんは完売しています
 次回のご用意は10月中旬になります

・オレンジカロテンの石けんクラスを
 10月18日にも増席するかもしれません
 

イラストに色をつけて楽しんでみませんか

ときどきインスタグラムにも投稿しています

オピスエール〜妖精の翼

汚れやにおい落としだけでなく

年末にかけての家の空気の浄化にもぜひお役立てください

オピスエール~妖精の翼のご注文はオンラインショップへお願いします

オピスエール〜妖精の翼について

おとくな2リットル6本セットのご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA