くら寿司にみる近未来の外食と接客業



まるで、子供の頃に見た

ドラえもんの未来の場面のようでした。

くら寿司が気になった



ふと、

米国にも株式上場している

くら寿司株式会社が気になって
(大阪が本社の回転寿司屋さん)

昨日、ふらりと


今はどんなお店になっているのだろうと、


近くのくら寿司に行ってみたら



ここが(東村山店)すごかった!


なんでも

数ヶ月前(2020/11)にオープンした

くら寿司初の「非接触型モデル店」でした。



  • 店員さんとのやりとりはまったくなし
  • おばさんでも戸惑わない
  • タッチパネルに触れたくなかったら
  • 会計もかんたんで効率的
  • 二極化、そして働く人はどうする


店員さんとのやりとりはまったくなし


お店に入ったらタッチパネルに人数を入れると

すぐに番号のついた紙が出てきます


このタッチパネル、

触れなくても

指をかざすだけで反応するのです。



上を見るとその番号の座席案内がわかりやすく表示されていて

自分のペースでさっと座ることができるので



混んでなければ

入店から着席まで、とてもスムーズ。



おばさんでも戸惑わない



なんか、このお店、


IT化されているのに

わかりにくくないんです。


案内も表示もとてもわかりやすい。


「あー、わかんなくてめんどくさい」

どころか


スーパーにでも来たような気軽さで

お寿司を注文することができました。



どうかすると、コンビニでお弁当などを購入して

車内でいただくよりも早い場合があるかもしれません。



お寿司だからさっと食べられるし

片付けもしてもらえます。

タッチパネルに触れたくなかったら


注文の際に

タッチパネルに触れたくなかったら



自分のスマートフォンからでも

注文できるようですよ。



会計もかんたんで効率的



食事後に

お皿を読み込んでもらったら

さっきもらった座席案内の紙を持ってセルフレジへ。



案内と会計伝票が一緒。

お店が使う紙の量も少なくて、なんだかちょっとうれしい。

楽天カードを持っていれば

バーコードを読み込んでポイント会計もかんたんにできる。



ここでもノータッチ。

そして、なにより反応が早いこと早いこと。



入店から退店まで20分ほど。

店員さんとの関わりはまったくなし。



今までの外食の概念がくずれて



これはこれで楽でいいなぁと感じました。



二極化、そして働く人はどうする



この先は

急速にこのようなお店が増えて行って



お客さんは


さっと短時間で


効率よくいただきたいときは

こういうお店を利用して



好きな店主さんや店員さんと

交流しながらいただきたいときは


お気に入りのお店に

行くのだな。



おそらく、ぱっくり二極に分かれて行くのだなぁ





今後、接客のお仕事に向いているひとは

心の交流がスムーズにできる人だけど



それができるひとでも

場所によっては

その才を発揮しづらくなるので


場所(仕事)は

ちゃんと選んだ方が

のちのちのためにいいかもしれません。


対面の接客は少なくなっても

移行期の今は

なくなることはないでしょうから。



もしかしたら専門職っぽくなっていくのかも。






お店でひとと一度も接しなくても
不思議と冷たい感じは受けなくて。
あぁ、世の中ってこうして変わっていくのだなと
肌で感じました。

だからこそ、
上っ面ではない
心の交流が、よりかえがたいものに
なっていくのでしょうね。

画像は今日の収穫。
収穫のときって、少しでもなんでこんなにうれしいのでしょう!


今後の予定についてなど

酵素入りのカレンデュラ石けんクラスは残席1名様です
(材料の関係で6月25日に締め切ります)

今後の予定について

ときどきインスタグラムにも投稿しています


オピスエール〜妖精の翼

汚れやにおい落としだけでなく
虫対策や家の空気の浄化にもぜひお役立てください
わが家では娘が蚊への対策に部屋にボトルを2個常備しています

オピスエール~妖精の翼のご注文はオンラインショップへお願いします

オピスエール〜妖精の翼について

おとくな2リットル6本セットのご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA