無駄なものはない〜アリの法則・ひとの法則


アリの法則ってご存知でしょうか。

働きアリは

すべてが働きものではないんです。



  • 2:6:2に分かれる
  • それでも2:6:2になる
  • ひともおなじ
  • 見えない役割


2:6:2に分かれる


アリをよくよく観察すると


・とてもよく働くアリが2割

・あまり働かないアリが2割

・どちらとも言えないアリが6割



に分かれるそうです。


これは法則のようなもので

どこのコロニーでもそうなのですって。



それでも2:6:2になる



そしておもしろいことに


とてもよく働く

できるアリの選抜チームを作っても



・とてもよく働くアリが2割

・あまり働かないアリが2割

・どちらとも言えないアリが6割




になって



そして




あまり働かないアリの選抜チームを作っても


・とてもよく働くアリが2割

・あまり働かないアリが2割

・どちらとも言えないアリが6割




になるのだとか。





ひともおなじ



この2:6:2の分布率、

人の世界にも当てはまりませんか。



どこの組織にも


その場所で
(人としてではないですよ)

よく働くひと、あまり働かないひと、どっちでもないひと



はいますよね。



これがもとで


不満などが生まれやすいですが


もしかしたら


ただの「役割」


なので



カリカリすることもないのかもしれないですね。





見えない役割



「正規分布」と言って

この2:6:2の分布率は



あらゆるところにあって



統計的にも

自然界でも



このように分かれやすいというのは



それぞれに

意味があってのことなのではないでしょうか。



ですので


「あいつは働かない」


などと

不満を持つこともなければ



「あのひとみたいに仕事をこなせない」


と、

劣等感を持つこともなさそうです。






比較はいらない。


自分の中だけを見ながら


アリのように坦々としていれば

いいのかもしれません。





蜂の巣の中の
蜂の大きさも
見事に2・6・2なんですって。

目に見える成果だけを見るということは
もちろん仕方のないことだけれども
法則・摂理のようなものだったら

本来はみんなそれでいいのではないのでしょうか。

少なくとも、カリカリしても
意味はなさそうです。


今後の予定について

キッチンボーケット石けんのご用意ができました!
 


ときどきインスタグラムにも投稿しています

オピスエール〜妖精の翼

汚れやにおい落としだけでなく

年末にかけての家の空気の浄化にもぜひお役立てください

自分がスッキリしたい時は、まずお掃除から始めるのも
とりかかりやすい方法ですよ

「なにせお掃除が楽しくなった!」というお声を多くいただく液体です

オピスエール~妖精の翼のご注文はオンラインショップへお願いします

オピスエール〜妖精の翼について

おとくな2リットル6本セットのご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA