洗わない・洗ってはいけない暖かな真綿のベスト



数年前にはじめて身に着けてから

手放せなくなった真綿のベスト。


洗ってはいけないのですが、

真綿は毒を吸う力も強いけど、出す力も強いので

どんなに汗をかいたりしても全くにおわないのです。


ですので1枚あれば、ひと冬超せるのもありがたい!

わたしは繭結(まゆ)さんで、袋状の真綿(シルクウォーマー)を購入させてもらって
(お電話やFAXで対応してくださると思います)

自分で、そでぐりなどを切って使っています。

  • 真綿とは
  • ひと冬超すとぼろぼろに・・
  • 作り方
  • 真綿のよいところ

真綿とは


真綿とは、絹糸にする前の綿そのもので、

絹糸で編んだシルクよりも、さらに保温力や排毒力が高いのです。


ふわふわしているので、いかにも服にくっつきそうですが

どっこい、

くっついても服に綿がつくことなく、見事にはがれます。

ひと冬超すとぼろぼろに・・


かなり毒を吸ってくれるため

ひと冬身に着け終わるころには



個人差はあるかもしれないけど

ひろみ

グレーのぺったんこ。だれにも見せられなくなります

わたしは毎年替えています。


作り方


シルクウォーマーを油揚げのように開いて

襟ぐり、袖ぐり部分にはさみを入れます。


コツはあとで伸びてくるので、かろうじて手と頭が通る程度にして

切りすぎないこと。



Vネックの服を着ることも多いので

このあと、前の襟ぐりに切り込みを入れました。

日が経つにつれ、ちょうどいい形になってきます。

真綿のよいところ


軽い・あたたか・汗をかいても放湿力が高いのですぐに乾く・
におわない・あらわなくてよい・などなど。

以前、ホメオパス(ホメオパシーのカウンセリングが出来る方)の方が

真綿って心もあたためるので、カウンセリングのときにとり入れています

と、言われていました。


たしかに、ほっとしますし


そういえば、

冬に1枚目を身に着けるときの「ひやっ」とした感じがまったくなく、

むしろあたたかなので

冬の朝のストレスが一つ減っていることにもなっている。


真綿バンザイ!


今後の予定についてなど

お味噌作りの会、追加募集します

キッチンボーケット石けん・次は1月中旬のご用意になります

お申し込みやお問い合わせはこちらにお願いします

オピスエール~妖精の翼

更なる変化の時代へと舵が切られたようです
立春までの家全体の浄化にぜひお役立てください

オピスエール~妖精の翼のご注文はオンラインショップへお願いします

オピスエール~妖精の翼の販売について

オピスエールの2リットル6本セットが加わりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA