紅しょうがに梅酢大根・・もみしその作り方


自然とはよくできているもので

雨の多いしとしとの時期から

梅雨明けのあっつーい時期にかけて


今しか仕込むことのできない

もみしそ(と、副産物の赤梅酢)はとてもおいしく感じます。




湿度の高いいま、
なんとなく食欲のないときでも作りたくなる
細胞が活性化するような
赤梅酢しそご飯

ご飯がもちもちするんですよ、ふしぎ。


材料

  • 赤ジソ
  • 塩少々
  • 白梅酢
    (市販品もあるけれど、梅干しを作られる方なら
    余っているはずなので分けてもらっても)

  1. 茎から赤ジソをはずす・洗って水を切る
  2. 赤ジソを塩でもむ
  3. 白梅酢と合わせる
  4. 使いみちはいろいろ

1 茎から赤ジソをはずす・洗って水を切る



葉を茎からはずして
洗ってざるに上げておきます

画像は、はずす前のもの。



2 赤ジソを塩でもむ



赤ジソの葉を少量の塩でよくもむと
このように
ぶくぶくと、黒っぽいアクが出てきます

わたしは
これをしぼってもう一回くり返します

一回だけの人もいれば
三回くり返す人もいます

アクをしっかり抜きたい方は多めにどうぞ


3 白梅酢と合わせる



もんでちっちゃくなったしそに

白梅酢をかけると
ぱーっと鮮やかな色に変わります

わたしはここでもう一回
軽くもんでしぼります

白梅酢と合わせたら出来上がり。



梅を塩につけて仕込んでいた方は
ここでこのもんだ赤ジソを入れるんです

この上がってきている水が白梅酢。
ちょっと減らさないと
赤く染まりにくいので

梅を漬けている方に声をかければ
快く分けてくださるのでは。

この白梅酢、娘が小さいときは
おなかが痛いときの
特効薬としても活躍してくれました



好みもあるけれど
梅干しにもみしそを入れるのだったら
しっかり多めに入れると
色鮮やかで香りのよい、しそ梅干しに。

名人には
「赤ジソの量は茎付きで(仕込み前の)梅の重さの半分の重さ」
(茎付きで・です)

とおそわりました

白梅酢をもらって
もみしそだけ作った方は
梅酢ごとびんに入れて冷蔵庫へ。



4 使いみちはいろいろ


  • はじめにご紹介した梅酢ご飯
    (ご飯に赤梅酢と漬けたしそを刻んで混ぜるだけ)
  • 新ショウガをうすく切って、軽く干して
    赤梅酢につけて紅生姜に
  • 大根を好みの大きさに切ってびんに入れ、
    赤梅酢を注いで漬けたら梅酢大根に
    大根がおいしい時期によく作ります
  • 菜種油やオリーブオイルと合わせてドレッシングに。
    色もきれいですし、なにより簡単!
  • もみしそだけを取り出して、ざるに広げて
    天日に干せば、手作りの「ゆかり」ができますよ
    細かくするときも自分の好みで。
  • ゆでたうずらを赤梅酢につけても。
    卵の水分がほどよく抜けてこれがおいしい
    お弁当の彩りにもなります

赤梅酢がほしくて

梅干しを漬ける方もいるほど!


まだまだあったような気がしますがこの辺で。


もみしそ作りは

少量でしたら、そこまで大変ではないです

塩などの分量も、しんなりするくらいまで入れれば適当でOK
(目安が知りたい方は検索を)



赤梅酢、市販品もあるけれど

手づくりの香りは格別ですよ〜♪


今後の予定についてなど

近いうちに今後の予定を更新します

ときどきインスタグラムにも投稿しています

オピスエール〜妖精の翼

汚れやにおい落としだけでなく
虫対策や家の空気の浄化にもぜひお役立てください

先日、久しぶりにわが家にアリの集団が来ましたが
「オピスエールがあるからだいじょうぶ」と、
落ち着いて対応することができました!

オピスエール~妖精の翼のご注文はオンラインショップへお願いします

オピスエール〜妖精の翼について

おとくな2リットル6本セットのご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA