みんな「わかってるよ」としているそのことこそが



自分も含めて・・

ひとは


刺激のある話題を好みがちで



まるで新しい世界を

知ったかのように


高揚したりするものだけど



森井啓二さんの本を読むと



あまり本質的でないことへ

関心を向けることは



ほどほどにしなくてはなぁ。




我にかえります。



  • だれもがわかっていそうな、そのことこそが
  • 結果を求めがちなわたしたち
  • 今すぐできそうなこと



だれもがわかっていそうな、そのことこそが



森井先生は

獣医さんで


東京と八ヶ岳を行ったり来たりされています。



お目にかかったことはないのですが

いろんな方を支援されていて



多くの方から慕われている方。




四季を問わず

山にも入られている


行者さんのような方で

いろんな体験をされているのに




本などで説かれていることは



日々の「思うこと・言うこと・行動」が

その人を作り上げていく




なにをするにも

動機が大切

なにを成しとげたというようなことは


あの世的にはあまり意味がないこと




と、言ったような


多くの人が「わかってるけどさ〜」と

言いたくなるようなこと。



ただ、ここのところ思うのは




ここを忘れてしまうから


ひとは、迷路に迷い込んだように


苦しくなるのかもしれない。





結果を求めがちなわたしたち




物質社会に生きているので


結果を求めることは


仕方のないこととはいえ




もしかしたら


ひとが


人として



ほんとうに求めているものは


もっと簡単で、だれにでもできることから生まれるもので



魂が喜ぶことではないのかなーっと思うのですよ。




物質的なものだけをどんなに求めても

きっと終わりがないんです。



ひろみ

物質的なお楽しみを全否定ではないんですよ

ゆったりしたり
好きなものを楽しむ時間はとても大切なもの

少なくとも
今のわたしには修行僧のようにストイックにはできません


今すぐできそうなこと



このようなところにヒントがあるのかな〜


ベネディクト派修道士

デーヴィッド・ステンドルという方が語られた言葉です。

森井啓二・著「君が代から神が代へ・下巻」より抜粋

今日この瞬間の天気は特別で

まったく同じものが再び現れることはありません。

今の空にあるのとまったく同じ雲が、

再び現れることはないのです。

目を開いて見て下さい。

合う人たちの顔、ひとつひとつの顔の背後に

とてつもない物語があります。

この瞬間、この日に会う人々すべて

何世代もの命の繋がりを通し、

世界中の幾多の場所から一緒になって、

あなたの元へと

命の水のように流れてくるのです。

文明が私たちに与えてくれる

素晴らしい贈り物に心を開きましょう。

スイッチを押すだけで電気が点きます。

蛇口をひねるだけで

温かい水や冷たい水が出てきます。

しかも飲める水です。

それは世界の何億という人たちが

決して手にすることが出来ない贈りものなのです。

これは心を開くべき

無数の贈り物のうちのほんのいくつかです。

だから、これらのすべての恵みに心を開き

自分を通して流れるようにしましょう。

今日会うすべての人たちにもその恵みが届くように、

ただあなたの眼差しから、あなたの笑顔から、

あなたの手から、

ただあなたがいるというそのことから、

周りの人みんなへと

感謝が恵みとなってあふれ出すように。

そうすれば、今日は

ほんとうに良い日になるでしょう。





かの超能力者・エドガーケイシーが
「地球上の最高の真理の書はなにか?」と聞かれて
答えた本
「バカヴァット・ギーター」
をわかりやすく解説してくださっている本
「神の詩」
3−2−1巻と読み進めると読みやすいのだとか。



読み物ではないのだよ〜といういいお話
       ↓




今後の予定についてなど

・9月27日にゆたかな食堂さんで「酵素入りミネラル石けんクラス」を開きます

・キッチンボーケット石けんは
 欠品中で、もうまもなく再開します

イラストに色をつけて楽しんでみませんか

ときどきインスタグラムにも投稿しています

オピスエール〜妖精の翼

汚れやにおい落としだけでなく

蚊やコバエなどなどの虫対策や家の空気の浄化にもぜひお役立てください

オピスエール~妖精の翼のご注文はオンラインショップへお願いします

オピスエール〜妖精の翼について

おとくな2リットル6本セットのご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA