こみちキッチンでのいちにち





南長野での松フェスティバルのあとは



いま、ゆたかな食堂さんが

ハイスピードで準備されている



こみちキッチンのある



北の安曇野方面に向かいました。




  • 立ち上げ中のこみちキッチンへ
  • のけぞる味噌汁
  • 結界の中の梅の木
  • 赤松の山
  • まとめ







立ち上げ中のこみちキッチンへ




なにがおどろいたかって、



店主さんが



みんなと分かち合いたいと

思っていることと



こみちキッチンの環境がぴったりなこと。








朝顔のじゅうたんがあるお庭は


野草の宝庫





のけぞる味噌汁



ギシギシの新芽・カキドオシ・スミレを思わせるようなかわいい葉っぱ・

そして愛するハコベしゃん




生えている草にかたよりがなくて

すっごくいいお庭でしたよ!






そして



思わぬ経路でやってきた

ハナイグチという

きのこと合わせて




店主さんがお味噌汁を作ってくれました。





ムキー!ムイビエン!

野草の香りと

ぬるっと心地よく広がったと思ったら

さっと気配をなくす、きのこのハナイグチ。



おいしいお水と

おいしいお味噌。


もちろん、出汁はなし。



優雅にいただけばいいものを

鼻息荒くおかわりまでして


いただいてしまいましたよ。



結界の中の梅の木



この梅の木で作られた梅干しは

いろんな味がするんです。





一帯は結界が張られていましたよ。


すっごいパワフルな梅の木でした。







赤松の山



なんと、家を購入されたら

山もついてきた!



と、いうことで



赤松が群生している山へも

連れて行ってもらいました。







かわいい松が、そこここに生えています。


松の枝って

レモンのようないい香りがするってご存知でしたでしょうか。



おいしい空気に

レモンのような木の香り。



気が満ちてこないわけがありません〜











このいただいてきた

若い松の枝は



持って帰ってきて

部屋におくと



すっごい存在感なので







オイルにつけずにはいられませんでした!







水にも!





まとめ



長野県は

地域によって



ぜんっぜん雰囲気がちがうので



移動時間は

40〜50分程度でも



ちがう国か!と思いたくなるくらい


空気感がガラッと変わるので



1泊でも

様々な場をたのしむことができます。





土地に詳しい方に
猿があらわれ、
鹿の鳴き声が轟く
秘湯にも連れて行ってもらいました

ゆたかな食堂の店主さんに
こみちキッチン一帯を
案内していただいた1にち

「自分で選んだことを正解にしていく」

って、こういうことなのだなぁと
垣間見させてもらいました

たとえいろいろあっても自分の正解にしていく。

いまは改装中のこの場は
近いうちに
多くの方が自分を取り戻すきっかけになるような
場所になるでしょう

まだ余韻が残っています

そうそう、松の石けんを作らないでいてよかった!
松パワーが色濃いうちに
一気に作りますよ〜!



今後の予定についてなど

キッチンボーケット石けんは完売しています
 次回のご用意は10月中旬になります

ときどきインスタグラムにも投稿しています


オピスエール〜妖精の翼

汚れやにおい落としだけでなく

年末にかけての家の空気の浄化にもぜひお役立てください

「なにせお掃除が楽しくなった!」というお声を多くいただく液体です

オピスエール~妖精の翼のご注文はオンラインショップへお願いします

オピスエール〜妖精の翼について

おとくな2リットル6本セットのご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA